読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♡WANNA BE YOUR ONLY LOVE♡

これはふぃくしょん、ぜんぶね。

嘘つきな君に出会って恋をした 嫌いに成れないな

推しより好きな人が出来てしまった。仮に天使とします。天使とは程遠い悪魔みたいな人だけどいや寧ろ私にとっては神様みたいな人かな。

 

 

 

 

天使はいつも優しくてこんな私にも構ってくれて私のつまらない話にも笑ってくれる。それがお仕事だけど。あほって言って笑って頭をぽんって叩く。ふざけて大声で「おいゴラァおまえ!!」「あ?ふざけてんじゃねえよ!!」って言い合って他の子が止めに来て2人で笑い合う。そうすると他の子達が「いつもこうなの?!なんなの仲良いの?!」っても〜うほんとに喧嘩してると思った〜!ってみんなで笑う。

 

 

 

そんな空間が好き。私の宝物。

 

 

 

 

最初は推しの埋め合わせで会いに行ってた。それがいまは推しの舞台をほったらかしにして天使に会いに行く。天使もびっくり。だって2番目だよって、絶対に1番は推しくんだからねって言ってたのにいつの間にか一番は自分になってた。俺でええの?って毎回聞く。いいんだよって笑う。

 

 

 

天使はどうやらいま一番私に時間を使うらしい。そんな気がしてた。ごめんね、余計な負担だよね。負担とか迷惑とかにはなりたくない。天使のことを好きな子はきっとほかにもたくさんいるから、その子の方にもっと時間を使ってほしい。私は最後でいい。まだ私はそんな立場じゃない。

 

 

 

 

きっともう天使以外ありえないのかなって思ってる。そりゃ人は恋をしたら「この人が最後の人だ!!好き!!愛してる!!」って思うんだろうけど私ももういい歳になるんだから、俳優やらアイドルやらにハマってる歳じゃなくなってきてる。天使で最後。天使が夢を夢で終わらさなければの話だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は天使のことが大好きだ。天使のちょっとぽっちゃりなところ、ちょっと待っててって手をぽんって叩くところ、周りをちゃんと見て状況判断ができるところ、私のわがままに付き合ってくれるところ、ありがとうってへらって笑うところ、もうこれ以上はいえないけど。

天使のことなんで好きなの?って聞かれたらわたしは「嫌いなところがないから」って答えます。嫌いなところがないから怒るところがない、不満がない。理想の人なんです。

 

 

 

なのに私は天使とは幸せになれない。当たり前なんだよ。幸せになれる方が奇跡に近い。私がどう頑張ったって幸せになれない。その時一瞬の幸せにいくらかける?私がどれだけお金を落とそうが天使はきっと私達とは幸せにならない。

 

 

 

なのに私は天使を好きでいるのをやめられない。身体を壊してまでも天使のこと考えてる。現時点で今私はすい臓をやられてるみたいです。早く元気になってねって天使に言われたけどきっともうこれ以上深くかかわらない方がいいのかもしれないのかな。

 

 

 

 

出会って3ヶ月でなに甘いこと言ってんだってそう自分を奮い立てて頑張るけどまたきっと駄目になったらその時はまた天使に会いに行っちゃうんだろうな。これで最後って何回言ったんだろう。終わりのない見返りのない愛。

 

 

 

どうしたら天使は私を見てくれるかな。天使の好みの顔にしたって天使にとってはお金を払ってる時点でもう他の子と同じ。もう何もかもがわからない。ODしたら怒られるのでちゃんと言うことを聞く聞き分けのいい私。

 

 

 

 

なんでも我慢する。いい子にしてるから。お願いだよ、天使くん。わたしのこと選んでください。

 

 

 

 

 

髪も服も全部天使の言う通りにした。細い子が好きだと思ったからまた体重落とした。でも何も変わらない。天使にどうこうしてほしいんじゃない。私に何をすればいいか教えて欲しい。その通りにする。そしたらご褒美ちょうだい。よく出来ましたって頭撫でてほしい。

 

 

 

 

 

天使がすきだ。早く体を直して働かなきゃ。そして早く会いに行かないと。じゃなきゃ天使に捨てられる。

 

 

 

いつの間にか天使のことが信じられなくなってきて天使がいうこと全部が嘘に聞こえてきて全部を疑ってもう頭が痛い。でも天使は私のことちゃんと分かってくれてて「だから俺はこいつほんまあほやから、ちゃんと大事なことは口でいうやろ」ってああこれも他の子にも言ってるんだって。あれもあれもあれも全部他の子にも言ってるんだ、そしてあ、私のことわかってるって思わせるんだってそういう手なんだ。騙されちゃだめなんだ。って。

 

 

馬鹿だなあ。そんなこと当たり前なのに。

 

 

 

 

 

 

いつから私は特別なんて錯覚してたのかな